本文へ移動

コンクリート保護・はく落防止 RTワンガード工法

コンクリート保護・はく落防止

RTワンガード工法紹介

インフラストラクチャ整備として各種土木構造物の整備が行われてきましたが、近年それら構造物の耐久性に対する問題が発生しています。コンクリート構造物においては、雨水や地下水からの水、融雪剤や飛来塩および海水による塩分の浸透により鉄筋の腐食・発錆から爆裂欠損を誘発し構造物の強度を低下させています。
トンネル内でのコンクリート塊落下事故や高架橋からのコンクリート片はく落事故等を受けて、それらの事故を防ぐため独自の基準を作成し、一斉に対策工事に取り組んでいます。
このような問題を解決するために、抗張力部材としてのガラスクロス・ビニロンメッシュ等の繊維シートを用いずに「性能規定」が満足できるコンクリートはく落防止対策仕様「RTワンガード工法」が開発されました。

当社にて施工例

0
0
1
7
0
0
有限会社丸和 橋本興業
〒424-0002
静岡県静岡市清水区山原210-1
TEL.054-367-1211
FAX.054-367-0320

■一級土木施工管理技士
■二級土木施工管理技士
■あと施工アンカー主任技士
■第一種あと施工アンカー施工士
■第二種あと施工アンカー施工士
TOPへ戻る